そもそも「ヒーロー」という存在とは?

ヒーローについて

こんにちは、HEROES’Labo・シン代表
ヒーロークリエイターの二階堂真悟です。
僕は「ヒーロー」をテーマに、仕事や活動をしています。
「あなたにとっての『ヒーロー』とは?」
と聞かれたらどんな人物が思い浮かぶでしょうか。
スポーツ選手や、俳優さん、様々な分野で活躍されている人を挙げられる方や、
また、マンガや小説、アニメ、ゲーム、特撮の登場人物を思い浮かべる方もいらっしゃるでしょう。
そんな「ヒーロー」とは、一体どのよう存在なのでしょう?
僕なりの見解では、「今まで」と「現代」で少し意味合いが変化しているように思います

今までは…
・「敵」が存在しなければ自身が成り立たないのが「ヒーロー」である。
・本来、「敵」が存在しない事が平和である。
だが、平和のために戦う「ヒーロー」は、自身の存在意義を無くすために行動する、
「矛盾」した 存在である。
☆現代では…
・「敵」が存在しなくても、「ヒーロー」だけで存在できるようになった。
・「ポケモン」に代表されるように、「ヒーロー」に相対するのは「敵」ではなく、
お互いを高め合う「ライバル」なのである。
いかがでしょうか。
あなたに「敵」と感じる人がいると仮定しましょう。
その人は自分にとって、
「自分の存在を正当なものにするために攻撃する存在」
または
「自分の伸ばすべき点を指摘して、高めてくれる存在」
なのかを考えると、見方が変わるかもしれませんね。
明日もブラウザの前で、僕と握手!
Twitterアカウント @shingo_nikaido
Facebookページ  https://www.facebook.com/shingo.2kaido/
二階堂真悟の読書会情報はコチラからどうぞ♪

関連記事一覧