続続続・光源クリハライザーのプロトタイプ③クリハランジャー

ゼロからスタート!ご当地ヒーロー物語

昨日の続きをお話しします。昨日は音楽と衣装についてお話ししました。さて今日は

◎アクションについて

・殺陣、擬斗
プロトタイプ②「クリハライダー」では、クリハライダーが悪役に向かって行って戦闘シーンが行われました。後でビデオを見たのですが、ヒーローが小走りで相手に近づいた動き。これが何ともかっこ悪い(;´∩`)
そこで、クリハランジャーにおいては、「ヒーローに向かって悪役が攻撃をしかけてくる」アクションに変えました。たったこれだけの違いですが、これが見る側にとると全然違って見えるのです。
・戦闘以外の動き
ヒーローショーでは戦闘シーン以外でも、セリフがある動きがあります。それは、名乗りを上げる、子ども達に語りかける、悪役を諫める等。悪役も同様です。
これは僕なりの表現ですが、「ヒーローは瞬発力、悪役は持久力」だと思います、悪役はショーに出ている時間が一番長いので、常に動いていなければなりません。ヒーローはポイントで出て来た時に、動きに緩急をつけてアクションするとカッコよく見えます。
クリハランジャーでは、そうしたポイントを名乗りや最後の必殺技等に取り入れました。
さて、音楽、衣装、アクションの3つのポイントいががでしたでしょうか?
クリハランジャーショー当日の模様は明日、お話ししたいと思います。
明日もブラウザの前で僕と握手!
 
 

関連記事一覧