コンセプトを決めよう!〜ヒーロー設計書〜

ヒーロー設計書

こんにちは、ヒーロークリエイターの二階堂真悟です。
「ヒーロー設計書」の第2回目です。僕が普段行っている「ヒーローの作り方」を1つずつ、ご紹介していきます。
今日の主題は「コンセプト」について。
人によって様々な見解もあると思いますが、僕なりに「コンセプト」をお話しさせていただくと
・ウルトラマンのコンセプトは「宇宙人」
・仮面ライダーのコンセプトは「改造人間」
・スーパー戦隊のコンセプトは「チームで戦う」
などが挙げられます。
例えば、「ねぇ、コレってどんなヒーローなの?」と人から聞かれた場合の答えが「コンセプト」になり得るのかもしれませんね。
現在、僕は新たなヒーローを開発中です。そのヒーローのコンセプトは「全国で活躍できる、本のヒーロー」です。
ジグソーパズルを作る時に、直線のあるピースからつなげて、最初に枠を作りませんか?
同じようにコンセプトがある事によって、大きな枠が見えてきます。そして、枠の中身を設定(例:M78青雲、バッタ)や、ストーリーなどで埋めていき、最後に1枚の大きな絵が完成するのです。
もちろん、必ず必要なものではありませんし、正しい、間違いもありません。それに、後で変更したって構いません。
ですが、大きな枠があると後々設定や造形など、考えやすくなりますよ(^_^)
パズルで言えば「ここの枠の色は赤だから、赤からつなげよう。」みたいな感じで♪
目的が定まったら、次に「コンセプト」も考えてみましょう。

080008

次回もブラウザの前で僕と握手!
 

関連記事一覧