キャラクターをデザインしよう!#7「とにかく書くと…」〜ヒーロー設計書〜

ヒーロー設計書, 新ヒーロー

こんにちは、ヒーロークリエイターの二階堂真悟です。
「ヒーロー設計書」の第9回です。僕の行っている「ヒーローのデザイン法」を連続して、お伝えしています。
前回の「刺激をもらう」の続きで、今回は「とにかく書くと…」です。
前回、ボツになったデザインがありました。
「全然、ピンと来るアイディアが出てこないなぁ( ̄〜 ̄;)」
と、一旦くじけそうになりましたが、あきらめずに、とにかく書いてみることにしました。
そこで思い出したのが、常設展示してあった「仙台藩の甲冑」でした。
頭に浮かんだ、武者鎧をイメージしつつ、仏像のイメージ、そして、本来の「本のデザイン」を組み合わせてできたのが、下の絵です。

おぉ!いい感じだ! 鼻筋から、口の部分にかけて「本」の字を取り入れてみました。
これは、以前書いておいた絵からの再利用です。
「ただ、ちょっと「本」っていう字が読みづらいなぁ(°〜°)」
という事で、口のバリエーションを考えました。
まずは、コチラ

次に書いたが、コチラの絵

最後は口のパターンだけ考えました。

 
そうやって、検討した結果、決定したのが、この絵です!

口のバリエーションを考えて書いた、最初の絵に決めました。
これで、実際のマスクの製作にとりかかれます。実際のマスク製作に関しては「変身部隊X」のサイトをご覧ください。
ブログでは、引き続きデザインについてお話ししていきます。
 
次回も、ブラウザの前で僕と握手!
 

関連記事一覧