キャラクターをデザインしよう!#2「連想ゲーム」〜ヒーロー設計書〜

ヒーロー設計書, 新ヒーロー

こんにちは、ヒーロークリエイターの二階堂真悟です。
「ヒーロー設計書」の第4回です。僕の行っている「ヒーローのデザイン法」を連続して、お伝えしています。
今日は「連想ゲーム」について。
何について、連想するかと言えば前回のブログで書いた「モチーフ」をについてです。
モチーフを決めたら、関連する
・モノ
・キーワード
・形
など連想ゲームのように思い浮かぶものを出来るだけ多く書き出します。
この時のポイントは「判断を差しはさまない」事です。
「コレは使えるかな〜?」など、一つ一つ判断していると、時間がかかり、能率が落ちます。
使える使えないは、後にして、とにかく書き出しましょう。

0c678aa5452905dc2c9032a1eee0e317_s

例として、僕が新しく製作中の本のヒーローに関しては以下のように書き出しました。
本、ブック、book、読む、リード、しおり、ブックマーク、ドッグイヤー、書物、めくる、開く、図書館、本棚、辞典、伝記
さあ、あなたも紙とペンを準備して「連想ゲーム」スタートです!
次回もブラウザの前で、僕と握手!
 
 
 

関連記事一覧