キャラクターをデザインしよう!#1「モチーフ」〜ヒーロー設計書〜

ヒーロー設計書

こんにちは、ヒーロークリエイターの二階堂真悟です。
「ヒーロー設計書」の第3回としまして、僕の行っている「ヒーローのデザイン法」今日から連続して、お伝えします。
今日は「モチーフ」について。
僕は、ヒーローやキャラクターをデザインする時に「モチーフ」を決めます。
※モチーフ(フランス語)ここでは「文学・美術などで、創作の動機となった主要な思想や題材。」の意味で使います
僕なりに具体的な例を3つ上げれば、
・ウルトラマンの口元は仏像等に見られる「アルカイックスマイル」がモチーフ
・仮面ライダーのモチーフは「バッタ」
・ガンダムのモチーフは「足軽」
などです。
○モチーフがあるメリット
・デザインの足がかりが見つけやすい。
・見た目で、どんなキャラクターなのかが、何となく分かる。
・その後の設定やストーリー展開につなげやすい。
などが挙げられます。
 
強いて、デメリットをあげるなら、「制約が生まれる」かもしれません。
ただ、「何でもいいから自由に考えて」って言われると、考えづらくありませんか?
 
なので、最初に「モチーフ」を決めましょう。きっと、アイディアが生まれやすくなりますよ♪

e2bde8d14e8e1e4f163d1bfda0502ea1_m

P.S   今、僕が製作しているヒーローのモチーフは「本」です。デザインはコチラからどうぞ!
次回もブラウザの前で僕と握手!
 
 
 

関連記事一覧